OAKLEY TRUE DIGITAL EDGE(オークリー・トゥルー・デジタル エッジ)

2015年12月12日 16:31

OAKLEY TRUE DIGITAL EDGE(オークリー・トゥルー・デジタル エッジ)のレンズ端の強い歪が生じる部分をレーザー加工する
ダイナミック・フロスト・テクノロジーをご紹介します
 OAKLEY TRUE DIGITAL EDGE 詳細

OAKLEY TRUE DIGITAL EDGE 仕上げ画像1

強度数になればなるほど、レンズが厚くなり、レンズが顔に当たる等の危険があり
レンズ周辺部の歪みは大きくなります
そのために、レンズ周辺部をレーザー加工によって、すりガラス加工をします

OAKLEY TRUE DIGITAL EDGE 仕上げ画像2

後面からは、もちろんレーザー加工した部分が見えます
ですが、前面からであれば、気になりません
ミラーをいれると、より、見えにくくなります

OAKLEY TRUE DIGITAL EDGE 仕上げ画像3

同時にレンズも薄くなるので、同じ度数でも
このように差がでるわけですね

OAKLEY TRUE DIGITAL EDGE 仕上げ画像4

プラスレンズであれば、その差はかなりありますね

11月から、OAKLEY TRUE DIGITAL EDGE(オークリー・トゥルー・デジタル エッジ)
の価格が変わりました
以前よりカラーが豊富になり、それにより、お値段もお安くなる場合があります
この機会に、OAKLEYサングラスを度付きにされてみてはいかがでしょうか??
詳細はスタッフまでお気軽にお問い合わせください



メガネのマトバつかしん店は、
オークリーファクトリーパイロットが在籍する
オークリー正規取扱販売店です。 
商品に関するお問い合わせは、  06-6420-3850 までお願いいたします。
 オークリーのオフィシャルサイト